メインコンテンツまでスキップ

アクセシビリティ(ユーザー補助)に関するよくある質問

アクセシビリティ(ユーザー補助)に関して、よく寄せられる質問およびそれに対する回答をご紹介します。アクセシビリティに関する追加のサポートや別のフォーマットのドキュメントをご希望の場合、あるいは当社のサポートチームに問い合わせてお困りの障害の内容を登録されたい場合は、access@zoom.usまで電子メールをお送りください。

Zoomにとって、アクセシビリティとは?

Zoomでは、聴覚、視覚、動きやすさ、認知能力などの幅広い能力を考慮しながら、あらゆる能力を持つ人々が互いに出会い、協働できるように努めています。当社のチームは、WCAG 2.1 AAの推奨事項に準拠しながらすべての機能の設計と開発を行い、アクセシビリティが搭載されていると便利な機能であるだけでなく、開発プロセスにおける要件となるようにしています。

Zoomはどうやって製品のアクセシビリティを確認していますか?

Zoomの設計・開発プロセスでは、新たに導入される機能が初期の段階から利用可能であるようにしています。アクセシビリティチームは、リリースプロセスのすべての段階において、製品チームおよびエンジニアリングチームと協力しています。当社では、なるべく早い段階から基本的なアクセシビリティの問題を特定して対処できるよう、設計段階からアクセシビリティの確認を始めるべきであると考えています。アクセシビリティチームは、文字読み上げソフトとキーボードだけでテストを行い、デベロッパーと連携し、すべてのリリースができるだけ多くのユーザー補助技術と互換性があるようにしています。

アクセシビリティに関する問題が発生した場合、Zoomではアクセシビリティの問題をどうやって解決しますか?

Zoomは、常にユーザーからのフィードバックを集め、ユーザーにとって使いにくい点が製品にあればそれを特定しています。アクセシビリティに不具合がある場合、Zoomはユーザーやお客様と協力し、最も重大なアクセシビリティの問題を特定し、それらをロードマップに組み込みます。スケジュールは問題の重大度に左右されますが、Zoomは「致命的」な問題(障害のあるユーザーが情報にアクセスできない問題)を非常に重要視しており、 これらの問題がZoomロードマップの最優先事項となるようにしています。 

ZoomはWCAGガイドラインおよびセクション508規格に準拠していますか?

Zoomアプリケーションおよびウェブページは、いくつかの例外を除いて、セクション508およびWCAG 2.1 AA推奨事項の両方に準拠しています。各製品のWCAGガイドラインへの準拠に関する詳細は、www.zoom.us/accessibilityに掲載されている製品の各VPATのドキュメントを参照してください。

Zoomは、ライブミーティングやウェビナーの字幕機能をサポートしていますか?

Zoomは、複数の異なる方法を通じて、ライブミーティングで字幕機能をサポートしています。ミーティングホストは、自分で字幕を入力でき、別の参加者に字幕を入力させることもできます。また、ミーティングホストは、オンサイトまたは遠隔でのキャプション作成にCARTプロバイダーを使用することもできます。遠隔で字幕を入力する場合、Zoomでは、字幕プロバイダーが字幕をZoomインターフェースに直接ストリーム配信できるようにするためにClosed Caption REST APIを提供しています。 Zoomのクラウドルームコネクターとバーチャルルームコネクターも、H.323デバイス上での字幕機能の表示をサポートしています。  

Zoomによってサポートされているサードパーティーの字幕プロバイダーを教えてください。

CARTプロバイダーは、クライアントのニーズに従って、さまざまなプラットフォームを使用します。Zoom内部の一元化された字幕は、CARTプロバイダーが、ZoomのClosed Caption REST APIをサポートする字幕作成プラットフォームを使用できる限り利用可能です。VITACは、ZoomのClosed Caption REST APIをサポートしているCARTプロバイダーです。StreamTextと1CappAppは、ZoomのClosed Caption REST APIもサポートしている字幕作成プラットフォームです。

ミーティングのクラウド記録にユーザー補助はありますか?

Zoomクラウドミーティング記録は、Zoom Webポータルの[私の録画(My Recording)]ページからストリーミングできます。クラウド記録のビデオプレーヤーは、文字読み上げソフトを使用でき、キーボードのみの使用も可能です。クラウド記録では、字幕機能およびトランスクリプトビューもサポートしています。 

Zoomキーボードにユーザー補助はありますか?

Zoomは、キーボードのユーザー補助機能をサポートしており、細かなモーターコントロールを必要としない操作を設計することで、身体障害をお持ちのユーザーでも製品を利用できるようにしています。キーボードのユーザー補助機能は、マウスで行うすべての操作をキーボードだけで行えるようにし、使いやすさが同じになるように開発プロセスに組み込まれています。Zoomなら、カスタマイズして世界各地で使用できるキーボードショートカットも提供しています。

知っておいたほうがよい、アクセシビリティ関連の重要なキーボードコマンドはどれですか?

デスクトップミーティングクライアントがキーボードを完全に利用できるようにするには、ツールバーを自動的に非表示にしないように設定する必要があります。これを行うには、デスクトップアプリケーションの設定の[アクセシビリティ(Accessibility)]セクション、またはWebポータルの設定の[会議中(基本)(In-meeting (basic))]セクションにある[ミーティングコントロールを常に表示(Always show meeting controls)]のチェックを外します。これは[設定/アクセシビリティ(Settings/Accessibility)]キーボードショートカットにある、「[ミーティングコントロールを常に表示(Always show meeting controls)]の切り替え」を使ってミーティングごとに設定することもできます。その他の重要なナビゲーション用キーボードショートカットについては、以下を参照してください。 

説明 Windows macOS
[設定/アクセシビリティ(Settings/Accessibility)]にある[ミーティングコントロールを常に表示(Always show meeting controls)]を切り替え Alt Ctrl + \
Zoomポップアップウィンドウ/ツールバー間を移動 F6 CMD + ~
Zoomのミーティングコントロールに焦点を移動(画面を共有している場合は上部、共有していない場合は下部) Ctrl + Alt + Shift CMD + ~
遠隔操作を開始 Alt + Shift + R Ctrl + Shift + R

Zoomには視覚障害のあるユーザー向けのユーザー補助はありますか?

Zoomは、視覚障害をお持ちのユーザーが製品を操作し、認識できるようにしています。当社の製品は、NVDA、JAWS、VoiceOver、Android Talkbackなどの一般的な文字読み上げソフトをサポートしています。さらに、視覚インターフェースは、視覚に関するさまざまなニーズをお持ちのユーザーのために、カラーコントラスト、サイズ、および色の使用法が適切なものになるように設計されています。

文字読み上げソフトは、画面共有機能によって共有されているコンテンツでは利用できますか?

Zoomの画面共有機能を通じて共有されたユーザーコンテンツは、ミーティング参加者にHDビデオストリーム配信として配信されます。文字読み上げソフトを使用する出席者が画面共有のコンテンツを利用できるようにするには、発表者が関連するファイルやメモをミーティング出席者と共有することをお勧めします。この方法によって、ドキュメントの全体のコンテンツと意味の強調箇所が保持され、文字読み上げソフトのユーザーがこれらを使用できるようになります。Zoomはミーティング中のチャットにファイルアップロード機能を加え、ミーティングホストがミーティング中に参加者とファイルを共有できるようにしています。  

遠隔操作機能を使用して、別のコンピューターの文字読み上げソフトをコントロールできますか?

Zoomの遠隔操作機能を使うと、画面共有者の文字読み上げソフトをコントロールできます。ホストコンピューターは、まず[コンピューターオーディオを共有(share computer audio)]を有効にして、文字読み上げソフトの音声出力をゲストコンピューターにストリーム配信できるようにする必要があります。ゲストが遠隔操作を行えるようになったら、一般的な文字読み上げソフトのキーストロークがホストコンピューターに登録されます。

Zoomアプリケーションは高コントラストまたはダークモードの設定をサポートしていますか?

Windows、iOS、AndroidのZoomアプリケーションは、システム環境設定で設定された高コントラスト設定をサポートしています。macOS用のZoomアプリケーションはダークモードをサポートしています。 

Zoomアプリケーションは活字を大きくするフォント設定をサポートしていますか?

macOSとWindows上のZoomアプリケーションは、オペレーティングシステム設定で設定されたディスプレイのスケーリングオプションの 引き継ぎをサポートしています。Zoomデスクトップアプリケーションでは、字幕のフォントサイズもカスタマイズできます。iOSおよびAndroid用のZoomアプリケーションは、システム設定で設定されたフォントサイズをサポートしています。 

Zoomは手話通訳者をサポートしていますか?

手話通訳者は、他のビデオ参加者と同じようにZoomミーティングに参加できます。参加者はZoomビデオサムネイル機能を使って通訳者のビデオサムネイルを固定させておくことができます。